うちはそんなんやってませーん!

img_3792.jpg

こんにちは、辻田です。

ハワイから帰ってきました。

1年に1回はゆっくりと南国に行く時間を作って

会社のこと、人生のことをじっくりと考えるようにしています。

日本にいる時も勝手に思考が回ってしまうのですが

いつもと違う場所に行くことで斬新なアイデアやヒントを得られることが多いです。

違う環境に身を置き時間を過ごすこと。

これが人生においてオススメです。

今日は利益を産み続け、顧客創造し続けるために

あなたが何を意識するべきかについてお話します。

2016年現在

インターネットやスマホが普及して

以前の生活とは大きく形が変わってきています。

Amazonのように注文した1時間後に商品が届く

便利、便利を多くの企業が追求した結果

家から出なくても欲しいものがすぐに何でも手に入るようになりました。

インターネットやスマホが普及するまでは

個人レベルで情報や商品、サービスを発信、提供することは非常に難しいとされてきました。

一昔前までは自分でビジネスを立ち上げることは今の時代に比べ難易度が高かったのです。

しかし今の時代ではスマホ一台あれば

簡単に自分で副業(ビジネス)を始めることができる時代になりました。

これからビジネスを始める側からすれば、参入のチャンスがあるということですし

既にビジネスを始めている側からすればライバルが増えやすいということですね。

そんな中でビジネスを行い売上を上げ続けるために

絶対的に必要なことをお話します。

それは、「顧客創造」と「顧客満足」です。

顧客無くしては売上も利益もないのと同時に

顧客の満足無くしては

再度あなたの商品を購入したり、あなたのサービスを利用したりすることはないのです。

私が普段足を運ぶような所でも

自社の商品やサービスを制限してしまっている

店舗や会社を見かけることがあります。

どういうことかというと商売とは

「お客様の声が全て」であって、新たな商品やサービスが生まれるきっかけは

お客様のニーズによるものがほとんどだ、ということを理解しないといけないのです。

先日私が足を運んだ、オーダーメイドのスーツショップ。

家の前にあったので、足を運んでみました。

今回の目的はスーツを作ることではなく

スーツの裾直しをしてもらうことでした。

もちろんオーダーメイド専門店ですので

やってもらえないことも想定していました。

僕「どうも〜スーツの裾直しってやってますか〜?」

店員「すいません、うちはオーダーメイド専門なんで・・・」

僕「・・・わかりました」

これでやりとりは終了したのですが

もし僕がここの店をやっているなら

スーツの裾直しにも対応したと思います。

なぜなら、顧客満足に繋がる行動だからです。

できないと言ってしまえば、それで客との繋がりを自ら絶ってしまったようなもんです。

「本当はやってないんですけど、せっかく来ていただいたんで、今回だけ対応させてもらいますよ」

なんて対応をしてもらった際には

スーツを作る時はここで作ってみようと思ってしまうのが人間心理ですよね。

すごく基本的なことなのですが

できていない会社、店舗が非常に多いです。

専門的なショップに持っていくことも大事ですが

駆け出しは特に、顧客創造、顧客満足のためなら何でもやりまっせ!のスタンスがよいのではないでしょうか。

うちの経営理念にもある120%のサービスを提供します。

もうすぐ会社名を変更しようと思っているのですが、思案中です。。。

6年経営してきた社名を変更するのは抵抗がありますが今後のさらなる飛躍、イメージアップのために変更します^^

関連記事

ページ上部へ戻る