段取りが仕事の8割~仕事のルーチン化~

img_6815.jpg

 

こんにちは、辻田です。

今日は段取りの仕事がいかにあなたの人生にとって重要な物なのか

お話したいと思います。

 

段取りの無い仕事は作業です。

仕事とは言いません。

 

もしあなたが決められた仕事を決められた時間に決められただけしか行っていないのであれば

もう少しこの先に不安を感じた方が良いかもしれません。

なぜならあなたは一生そこから抜け出せない可能性が高いからです。

一生同じ単調作業を繰り返す、「作業員」になり下がってしまうのです。

 

仕事は自分で創っていく物であり

人から与えられる物ではありません。

 

当然初めての仕事では業務を与えてもらい、仕事の順序を覚え

知らなかったことを知り、できなかったことをできるようになるものです。

 

しかし、基本的な作業ができるようになったら

次に、どうすれば効率を上げられるのか?

どうすれば上司の仕事を奪えるのか?

と考えてステップアップしていかなければなりません。

 

そのためには、木を見て森を見ずにならず

自分は会社全体のどの部分を担っているのか?

自分に他にできることはないのか?

もっと効率の良い作業方法、システム化があるのではないか?

と「考える仕事」をしないといけないのです。

 

そのためにあなたが回すべき思考とは

1、目標と期限を決める

2、目標達成のために自分でやらない作業を決める

3、人員を構成する

4、日単位の細かいスケジュールを決める

以上の4つになります。

 

1、目標と期限を決める

これは最も大事なことでここを疎かにしてしまうと

何も達成できないどころか、何も始りません。

 

○○○○万円の売り上げを○年○月までに達成するぞ!

そのためにやるべきこととは・・・

と初めて話が展開していくのです。

 

2、目標達成のために自分でやらない作業を決める

とても重要な項目で、社内で大きな目標を達成するには

自分一人ではできないことが多くなってきます。

 

一人でもできるのですが確実に言えることは

組織の中で仕事をしている以上、協力して業務を推し進める方が圧倒的に効率が良いのです。

 

何よりここでお伝えしたいことは

自分で何でもやってしまうタイプがいるのですが

これは仕事で結果を出していく上でとても邪魔な思考です。

 

良い意味でラクをする

 

というマインドを身に付けてもらいたいのですが

なかなかそれができずに全て自分でやろうとしてしまう人がいます。

 

その原因は・・・

・人に任せるのが不安

・自分一人で全てやり遂げたい

・どうやって人に頼めばいいのかわからない

などが挙げられます。

 

「自分はパズルを集めて組み立てるのが仕事」

でありパズルになることが仕事ではないこと再認識しよう。

 

3、人員を構成する

じゃあ誰に何を任せるのか?

どういった人員が必要なのか?

これを洗い出し、人員を集めチームを作ることです。

 

4、日単位の細かいスケジュールを決める

1で決めた期限を逆算していき

3ヶ月後にはどこまでデキあがっているか

1ヶ月後にはどこまでデキあがっているか

じゃあ1週間後は?明日には?

と細かいスケジュールを設定して

更には誰が何を担当していくのか

細かい部分を煮詰めていく作業です。

 

ここまでが段取りの一部になりますが

これができれば後はそのレール上を走っていくことです。

 

私の中で物事をかみ砕き、業務を整理整頓して並べることを

「ルーチン化」と呼んでいます。

 

これをすることであなたは人の上に立ち

今より高い年収を持って帰り、今までにない達成感とやりがいを感じることができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る