シンガポール旅行~英会話とカジノの旅~

img_5790.jpg

毎週月曜日はバスケの日で今日もクタクタになってきました^^

その後スタッフとメシを食いに行って帰ってきて半身浴

からの最近ハマっている海外ドラマを見て・・・

 

今日は先週1週間行ってきたシンガポール旅行について書きたいと思います。

第一印象はかなりの活気が溢れていて異人種が混じりまくっている国でした。

雰囲気や活気などマカオに似ている印象でしたね。

 
マリーナベイサンズを中心に多くの観光スポットもあり

更には東南アジアを旅行するにはもってこいの国ですね!

 
現地にいる友達と会ったり

先生に色々と案内していただきました。

 
私の今年の目標の一つに英会話をマスターするというものがあります。

基準としてはTOEICで700点です。

 

そのための行動目標として英会話の先生と週に1回は会うこと、

グロスで2ヶ月は英語圏の国に旅行に行くことです。

 
今回のシンガポールは英会話の先生と行ったため

ほぼ完全に英語の環境を体験することができました。

英会話の先生は同年代のシンガポール人です^^

 
日常生活をしながら英語を練習できる

私にとっては最高の目標です。

英会話の先生にウェスタンの彼女を作りなさいと冗談で勧められました爆

 
所で・・・

なぜ私が30を目前に英語をマスターしようと思ったかと言うと

その理由は概ね2つあります。
1、最新のマーケティングは全てアメリカから来ている

SEO、セールスマーケティング、プロダクトローンチ、Amazonマーケティング

今の日本に存在するインターネットでのマーケティングほぼ全てはアメリカ発生と言っても過言ではありません。
翻訳しながら海外ブログを勉強した時期もありましたが

かなりの手間がかかるので・・・

英語で当たり前に読めるようになればかなりの近道をすることができるでしょう。

ちなみに海外マーケッターで

特にダイレクトレスポンスマーケティングで有名なジェイエイブラハムとダンケネディの本は

毎月チェックするようにしています。

 
2、海外マーケットを取りにかかる

海外展開をする際に確実に英語でのコミュニケーションが必要になります。

年内に中国展開を行い物作りを徹底的に行っていく方針は

当社として固まっておりますので、今後は販売網を日本だけでなく

大きなマーケットを持つアメリカとヨーロッパに広げていく必要があります。
うちのスタッフには中国人が2人いますので

私が英語をマスターしようと思った次第であります。

 

あとは私の中で海外に行くことは調度良いリフレッシュになります。

何か壁にぶつかった時や、悩んだりした時はボーっとリフレッシュしにいくのも一つの選択肢です。

起業当初のお金がない時期も

起業家の先輩たちと一緒に無理してでも行かせてもらって良かったと思います。

 
経営者は誰にもモチベーションを上げてもらうことはありませんし

怒られる人もいなければ、褒めてもらうこともありません。

 
もし万一倒産しても誰かが責任を取ってくれるわけではないので

自分の管理は自分でしないといけないです。

 
中でも私はモチベーションの管理に重きを置いていて

よく遊びよく仕事をするというのをモットーにしています。

最近は30手前になってきて、身体の衰えも感じるので

よくケアするということも意識しています。

もし倒れて入院してしまったら本当に最悪なので汗

 
つらつらと綺麗事を書きましたが

英語を覚えて金髪のネーチャンと遊ぶことも目標の1つです爆
ちなみに今回の旅行でカジノに行ってきたのですが

初日45万勝ったのですが、そこから100万近く負けて、、、結局50万負けました(笑)
仕事しまーす!(笑)

関連記事

ページ上部へ戻る