評論家になるな!

img_8171.jpg

 

評論家になるな!

これはネットビジネス業界で有名な川島和正さんがよく言われていることなのですが

私も激しく同意していることなので今日はあなたにも共有しようと思います。

 

評論家である以上、あなたは自分の人生のスタートラインに立てていないとも言えるでしょう。

ではそもそも評論とは何か?

辞書で調べると「物事のよしあし・優劣・価値などについて論ずること。」と出てきます。

 

まず第一の理由として

何の生産性もないことです。

 

あの人がああだ、こうだ。

この法律はああだ、こうだ。

会社組織のルールについてああだ、こうだ。

 

ああだ、こうだ。言ってる人がとても嫌いです。

なぜなら、どうしようもならないことをグチグチと言ってるだけですよね。

 

じゃあそれを変える側に回ればいいんじゃないの?

と単純にそう思うのです。

 

次に私の普段から心掛けていてなおかつ潜在意識レベルに落とし込んでいることがあります。

それは「人のフリ見て我がフリ直せ」です。

私の中でこれを突き詰めれば、最大限にまで人生の協力者を増やせると信じています。

目の前にいる人は自分を映し出す鏡です。

他の人がいて、初めて自分の感情に気付き、比較し、自分を知ることになります。

ずっと一人でいたら、自分はどんな人間なのかわかりゃあしないのです。

 

評論している時点でその空間に自分は存在しません。

しかし、自分ごとに置き換える、または、自分にも責任があるのだと自身を問題視する。

 

そうすることで初めて人間は成長して、向上していきます。

志の高い人間こそ、他人のせいにしませんし、自分にストイックになれます。

とゆうか、そうじゃないと、おもしろくないですよね。

 

・何でも人のせいにして、満足いかない現状にただただ文句を吐いている。

・どうすれば改善できるのか?自責の念を持ち問題解決に徹する

 

どっちの人間になりたいですか?

私はどう考えても後者の人間になりたいし、ずっとそうであり続けたい。

 

だから、評論はダメなんです!

評論しても何も生まれないんです。

評論したところで外野で吠えているノラ犬と同じなんです。

 

まずは「そんな意見もあるんだな」「一理あるな」と

現状を受け止め、自分の置かれた立場を把握して

そこからどういう風に現状を変えたいのか、方法論を突き詰めていくのです。

 

でも・・・

だって・・・

って言葉は禁止です。

 

どうやって?

なぜ?

どうすればいいのかな?

マイナス感情ではなくプラス感情で物事に立ち向かう癖を付けましょう。

 

評論するな、でした。。。

 

9月は川島塾の集まりでオーストラリアのケアンズに行きます。

ハワイより断然キレイと言われているハミルトン島に言って

グレートバリアリーフとホワイトヘブンビーチに行ってきます。

初めてなのでとても楽しみです~

 

10月は社員旅行で香港とマカオに行きます。

みんなでベネチアンホテルに泊まって、マカオタワーのバンジージャンプに挑戦してきます!!

地面に向かって飛ぶ中では世界一高いバンジージャンプで200メートルオーバーからダイブです!!

こわたん!!パンパースはいていってきます・・・

 

関連記事

ページ上部へ戻る