立場が人を成長させる 様々な立場を持とう

2016-12-21-18-21-25-1

こんにちは!

今年も残すところあと1週間ですが

振り返ってみてどんな1年間でしたか?

 

今までの振り返りから断捨離をして

来年の目標設定を行う時期ですがもう行いましたか?

 

当社は29日に大掃除をして30日~3日まで休み

4日に全員で個人、会社での目標設定を行います。

 

よく成功哲学などに書かれてはいますが

紙に書くというのは非常に重要で、自分自身も20歳の時から毎年実践しています。

 

驚くことに25歳の自分、30歳の自分と描いていた通りに

ほとんど近い所まで達成しています。

小さめのノートになりたい自分を箇条書きで書いて毎日仕事に使うカバンに入れていました。

書くパワーは本当に偉大で潜在意識に落とし込み自分の日々の選択をそちらに向けてくれるのです。

やったことがない!と言うあなたは是非やってみてくださいね。

 

さて今日は立場が人を成長させるということについてお話したいと思います。

私とあなたを含め全ての人間には生まれつきいくつかの「立場」と言うものが存在します。

 

例えば長男として生まれて来た人は

親にとっての「子供」であり、兄弟がいる場合には、「兄貴」だったり「弟」だったりするわけです。

 

社会に出てからも「新入社員」として入社するが

部下が入ってきた時点で「上司」となるわけです。

 

その人それぞれの立場は、様々な角度から私たちを成長させてくれます。

新入社員だった自分は教えてもらうばかりだったけど、上司になることで

部下に仕事を教えてあげないといけません。

その過程で今まで考えなかったことを考えるようになるでしょう。

 

「部下に信頼されたい」という願望

「なめられたくない」という思い

「一人前にしてあげるために自分もしっかりしないと」という責任感

「どうすればもっとわかりやすく伝えられるかな?」という思いやり

「もっとたくさんの部下を持って出世したい」という意欲

挙げ出せばキリがありませんが、立場相応の感情を抱くことになるのです。

 

立場が上がるということは責任が増えるということです

その対価に給料が上がったり仕事内容に自由度を加えてもらえたり

その代わりに責任が増えるのです。

 

しかし自分自身のスキルアップを図って

より年収を上げていくためには避けては通れない道です。

 

私の周りにもたくさんいらっしゃいますが

今の時代1人でネットビジネスを行い月に500万~1000万以上稼いでいるということはザラにあります。

どのような道を選ぶかは自分次第ですが組織の中で仕事をしていく以上

最も人間を成長させてくれるのは立場です。

 

今の自分の立場を少しでも上げ

違う目線で物事を見るようになれば

苦しいこともありますがその分喜びは倍になります。

 

今の会社のメンバーは15名ほどに増えてきましたが

日々新しいことにチャレンジして知識と経験を積み上げている姿を見ると

将来が非常に楽しみになります。

 

私自身も大学中退からまさか本当に社長になれるなんて

最初は自分でも信じられない、というかむしろしっくり来ない時期もありましたが

紙に書きセルフイメージを上げ背伸びをしながらでもそんな自分に近付けていくことで実現しました

今当社で働いてくれているメンバーのおかげで責任感も増え、成長することもできています。

周りが自分を成長させてくれてるんやと感じるばかりで

起業当初1人では感じることのできなかった感情をいっぱいもらい楽しい毎日です^^

 

これからの会社共々成長していき

最強のビジネス集団になっていこうと思います。

 

出張と忘年会ラッシュで体調が優れませんが

ラスト1週間頑張って行きたいと思いますー!

関連記事

ページ上部へ戻る