何をどう伝えるかより何がどう伝わるか


 

十人十色

だからこそ同じ物を見ても、景色は違えば感じることも異なる。

 

しかしそれは物や景色だけでなく

「あなた」と言う人間に対しても同じことが言えます。

 

あなたはこのような経験はありませんか?

・相手に伝えようと思っていたことが、まるで違う内容として伝えわっていた

・相手のためを思って言ったにも関わらず、逆効果になってしまった

 

何かを伝えようとした時や

行動を起こした時

話す時の自分の態度や表情

 

全て目の前の相手には

何らかの形で伝わります。

 

1、こう伝えているつもり

2、相手にはこう伝わっていた

この2つのギャップが極限まで少ない状態が

良いコミュニケーションが取れている状態と言えます。

 

接客、営業、交渉、社内関係、友人関係

上下関係、夫婦関係や恋人との関係

全ての人間関係において言えることなので

アウトプットとフィードバックのギャップを無くせるように日々

目配り気配り心配りを持ったコミュニケーションができるようにしましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る