協力者を増やす仕事

img_4585.jpg

こんにちは、ピュア裕也です。笑

今日は僕の最近の仕事についてお話したいと思います。
僕は代表取締役社長でありますが

起業以来ずっと、「営業」の仕事を行ってきました。
ですが僕は商品ではなく

会社や自分を売り込む仕事を意識しています。
ネット会社と言えば

パソコン一台あれば行える業種ではありますが

外交を積極的に行っていない会社は

ほぼ間違いなく衰退の道を歩んでしまいます。

 

 

自分を変化させ、人間関係を新たに構築し続けること

それは得手不得手もあり、好き嫌いも間違いなくあるかと思います。

ですがしんどいとかお金がないとか、人付き合いが嫌いだから、苦手だから

と言って

外交を怠ってはいけないのです。

 

なぜだかわかりますか?

 

もちろん何かを売り込んだり

販売協力をしてもらったりと

直接的な利益に繋がることもあるのですが

その他の要因の方が僕の中では大きいと思っています。
似た者同士が集まると考えや発想も偏ってしまい

思考停止になることが挙げられます。
アメリカの有名なマーケッターであるダンケネディは

マーケティングの近親相姦と呼んでいますが、

同じコミュニティ内の人間だけとつるむことは

決して良いことではないと説いているのです。

 

異業種、異人種(?)と交流を持つことで

新たな情報やチャンスが舞い込んでくるのです。

 

目の前の作業をこないしていくことも大事ですが

木を見て森を見ずにならないように

情報交換をして

新たな考え方やマーケティングや価値観を学ばないといけないのです。

 

もう一つの理由として自分の事を応援してくれるコミュニティを

どんどん拡大していくことも大事でしょう。
今あなたには、持ちつ持たれつで協力してくれる人は何人いますか?
スピリチュアル的な話になってしまうかもしれませんが

成功とか事を成し遂げることって小手先のテクニックやノウハウももちろん大事なんですが

それ以上に協力者がいないと絶対に無理です。絶対に。

 

協力してもらえる自分になる

協力者を増やす

僕は本当にこれを大事にしています。

 

うまくいくとすぐに踏ん反り返る社長も多いですが

陰ながら協力してくれている有り難い存在に気付けない社長

それに対して感謝の気持ちを行動にできない社長はそう長くは続かないでしょう。

 

とは言っても人間です。

慢心してしまうことや天狗になってしまうことだってあるかもしれませんが

常日頃から協力者の意識を頭の片隅に入れておくことです。

こんなことを言いながら自分に言い聞かせている僕です。笑
今月はピュアとマッサージの会社どちらも人事を動かし

求人を打っています。

リクルートに関しても去年はかなり勉強になったので

その経験を生かして良い人材を集めていきたいですね!

 

今のピュアの体制として内勤のメンバーは非常に充実しておる状態ですが

エンドユーザー以外の外部の人たちに向けて僕たちの良さを売り込む、

営業のメンバーがいないので

この点を改善することが僕の課題と思っています。
起業当初はがむしゃらに全ての業務を行えば良いのですが

ある程度の規模を超えてくるとがむしゃらだけでは通用しません。
頑張ってるのに、なんでだろう?

単独で売上を伸ばしている社長は頭打ちがくることでしょう。

前回のブログでも書きましたが

今は大局を見る時間が増えたことで

ピュアの課題がどんどん出てきます。

 

業務のルーチン化(システム化)と適切な配置を行い

協力してもらうことができれば

1人のパワーより圧倒的に伸びが大きいです。

僕が仕事をしなくなって売上は倍になっています。

 

本当にすごいことですね。
それって他力本願じゃないの?

そう思った時期もありましたが

協力してもらえる自分になる努力をすれば

決してそんなことはないでしょう。
自分1人のパワーではなく

人の力を借りることのできる自分になりましょう。

僕ももっと磨いていきます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る