新入社員入社とECサイトの素晴らしさ

こんにちは、辻田裕也です^^

この3ヶ月で4人のnewスタッフが入ってきてくれました⭐︎

発送担当、広告担当、楽天Amazonサポートなど様々なポジションで活躍するしてもらえることを応援しています!

その中の1人、齋藤くんと今日はボクシングに行ってきました!

CC340A26-FB69-4EC8-A5AB-40536A9078DC

元東洋太平洋ボクシングチャンピオン細川さんの元、1時間みっちり頑張ってましたw

 

今日は おさらいとして

僕たちが日々やっているECサイト、通信販売ってどう言う仕事なの?

について、改めてお話したいと思います!

 

インターネットビジネスであり物販である「ECサイトの素晴らしい点」とは?

・メーカーから仕入れているのではなく

自社のオリジナルの商品をお客様に直送できるので

大手企業の商品より安価でお客様にお届けできる

 

・お客様と直接的にコミュニケーションを取って

商品の品質改善やサービスの向上を図れる→これを行うことで我々のビジネスもグロースします

 

・弊社の商品を使っていただきたい層、いわゆる見込み客を選んでお客様になっていただける

 

などなど挙げればECサイトであるメリットやメーカーであるメリットは他にもあるのですが

かたやデメリットや気を付けないといけない点もあります。

 

それは・・・お客様の顔が見えないことです。

このことが引き起こす問題は多岐に渡ります。

 

・ついついお客様への感謝を忘れてしまう

例えば飲食店であればお客様から代金を直接受け取流ので

ありがとうございますと毎日言葉にして相手に伝えますし

相手のお客様の顔が見えるので、常連さんを覚えて声をかけて掛けてみたり

毎度ありがとうございます!と自分なりの工夫をしやすかったりします。

 

ただしECサイトはお客様の顔が見えない分

お客様に顔を見て感謝を伝えるシチュエーションも少なければ

声を掛ける事もできません。

 

・お客様が商品やサービスに対してどう感じているのか読みにくい

営業などの対面販売であれば

相手の表情、声のトーン、タイムリーに返ってくる言葉から

こちらの戦略を変えたり、出方を変えることができます。

 

しかし相手の顔が見えないので

できるだけ読み取れることを数値化して読み取り

次のプランを立てないといけません。

 

また、今の時代はレビューを書いてもらうことが当たり前になりつつありますが

実際の顧客満足度は肌で感じることはできませんし

「ありがとう!」と言うお客様の感謝の声も対面で聞く機会は中々ありません。

などなど考えられるデメリットもあります。

 

では、販売者の我々として何を意識しないといけないのか?

改めて僕たちはお客様が買っていただけるおかげでご飯を食べて行けていると言うことを思い出すことです。

ちょっと重たい話にはなりますが、よくよく考えてもらうとすぐにわかると思います。

 

顔が見えない、会うこともない、極端な話、買ってくれればそれでいい

なんてEC業者や通販会社はこの世に五万とあると思いますが

これから生き残っていくことはできないと僕は考えています。

 

商品も有触れ、広告に浸かった今の日本で何が求められているのでしょうか?

それは便利に手軽に気軽に信頼できる業者から安心して商品を買うことだと思います。

美容や健康の商品を販売している以上、正しい知識と使い方を伝え

お客様に結果を出していただき、喜んでもらうこと、ここで買って良かった!と感じてもらうことが使命です。

 

お客様からもらう喜びの声は僕たちの遣り甲斐です。

お客様からもらうクレームは僕たちが成長できるありがたき声です。

 

“1円でもお金をもらったらプロ“

ついつい毎日パソコンに向かって仕事をしていると

仕事のための仕事、生活のための仕事となってしまうこともあるかもしれませんが

どうすれば弊社の商品を購入してくれているお客様に喜んでもらえるのか?

どうすれば長く弊社の商品を愛用してもらえるのか?

この点を意識して、プロとしてお客様に喜んでもらえる仕事をしていきましょう!

511AF149-6CFB-45A4-9507-2AEC5115203A

関連記事

ページ上部へ戻る